ダポキセチン配合の薬、ロメント60mg

ポゼットの主成分であるダポキセチンは元々抗うつ薬の開発時に偶然勃起作用があることが見つけられ、本格的に早漏治療薬として開発が進められました。そんなポゼットを紹介していきます。

ジェネリックのポゼットが人気の理由

ポゼットはインドの製薬会社が製造および販売する早漏防止薬で、新薬にあたるプリリジーのジェネリック医薬品となります。
同じ有効成分であるダポキセチンが脳内で分泌される物質セロトニンを増やすことで興奮を静め、射精のコントロールができるようになります。
これまでの早漏防止は男性器に塗布するクリームやスプレーが主でしたが、ダポキセチンは飲み薬となっていて、感覚を麻痺させることなく自然な射精ができるのが特徴です。
早漏によって1分以内に射精していた人が、5分前後まで堪えられるようになるなど、射精までの時間が4~5倍は延長できることが認められています。
早漏に対して画期的な医薬品として販売されたのですが、日本では認可は受けておらず、一部の輸入が認められたクリニックで先発医薬品が処方される程度です。
価格は1錠あたり2,000~3,000円と高く、家計への負担が大きいので気軽に使用できるものではないのが問題と言えます。
対するポゼットはジェネリック医薬品となっていて、先発医薬品より安く購入できますが、成分は同じなので同様の効果を得ることができるのが特徴です。
販売価格は平均相場でポゼット30mg1箱10錠入り2,800円、1錠単価にするとわずか280円で済みます。
10分の1にも近い価格で購入できることから人気が高く、日本だけでなく海外でも広く利用されているのがポゼットとなります。
ただし、日本には流通ルートが存在せず、病院などで処方されることはないため、購入は個人輸入のみとなります。
個人輸入代行サイトなどから入手することが可能で、処方箋なども必要ありませんが、一切の保証はないため、副作用などに対して自己責任となる点は理解しておきましょう。

ポゼットと胃腸薬の併用

ポゼットは男性の射精のコントロールをしやすくするために販売されている、飲む早漏防止薬のひとつで、プリリジーのジェネリック医薬品になります。
同じダポキセチンを使用しながら製造コストを大幅に下げているので、販売価格が大幅に抑えられ、安価で購入できることから人気があります。
ダポキセチンは脳内物質のセロトニンの量を増やすことができ、興奮や緊張といったノルアドレナリンの分泌を抑えることで、精神を安定させ性交の緊張感を静めてくれます。
この作用によって、我慢できずに射精してしまう早漏を防止することができます。
数多くの研究では、射精までの時間が4~5倍まで長くなったという報告があることから、1分未満で射精してしまう人でも4~5分まで我慢できる可能性があります。
非常に有効的な飲み薬で、安全性も確立されていますが、副作用を起こすことも確認されています。
報告で多いのはめまいや頭痛で、立ちくらみを起こすこともありますが、さらに吐き気、下痢、胃痛といった消化器系ものがあります。
大抵は我慢できる程度の軽度な症状ですが、稀に性交に集中できないほど強い痛みを訴えることもあるので、こうした際には頭痛薬や胃腸薬の併用が推奨されています。
ポゼットを含むダポキセチンで、併用禁忌となっているのは開発経緯となった抗うつ剤や睡眠薬、一部の抗生物質、偏頭痛薬、抗真菌薬です。
具体的にはトリプトファン、リチウム、チオリダジン、セントジョンズワート、ケトコナゾール、イトラコナゾールといったもので、一般的な頭痛薬や胃腸薬は使用しても問題はないとされます。
胃腸薬などを使用すれば痛みを軽減して性交に集中できるようになりますが、体に異変が起こるものを毎回使用していては悪い影響を与えかねないので、副作用が強いと感じたら使用せずに医師に相談してみると良いでしょう。

ポゼットを購入する際の留意点

ポゼットは飲む早漏防止薬のひとつで、ジェネリック医薬品に類するコストパフォーマンスの高い商品です。
そのため、安価で購入できるという利点がありますが、日本では取り扱いがないので、海外からの個人輸入しか入手方法はありません。
最近ではインターネットを利用して個人輸入ができるショップが増えていて、その利便性から多くの人が利用するところとなっています。
それに伴い、同じだけ粗悪品や偽物を販売して、儲けようとする悪徳業者も増えてきています。
薬は高価なものが多く、頻繁に使用するものであれば消費量に比例して薬代が高くなるので、少しでも安く購入しようとする気持ちは誰にでもあるものです。
しかし、いくら安く販売していたからといって、正規品が売っているとは限らないので注意しなくてはいけません。
個人輸入をするにあたり、最も大切なのは値段ではなく正規品を取り扱っているか、信頼がおけるサイトであるかが重要です。
また、いくら手軽に利用できるからといっても、個人輸入は薬事法によって定められ、一定の条件で許可された購入方法です。
例えば、購入する薬は自分が使用する範囲内であれば認められますが、他人のための代理購入や、購入後に人に渡すことは禁止されています。
ポゼットは男性の性機能を改善するための薬なので、当然ながら女性が購入することはできません。
基本的に購入できる量は1ヶ月分までとされ、それ以上の購入は翌月になるので、大量に購入したからといってまとめて送られてくることもありません。
配送先は自宅のみで、不特定多数の受け取りができるであろう会社やその他の住所では税関で止められるようになっています。
ポゼットを購入したことが家族にバレたくないという気持ちもあるかもしれませんが、自宅以外は届かない可能性があるので、郵便局留めなど対応したサイトを利用するようにしましょう。